本とゲーム

体調が本調子じゃなく更新が1日あいてすいません。早速ですが昨日のニュースから紹介したいと思います。昨日バトライドウォーのPV第2弾が公開されました。前半2分はティザーPVのものの音声を一部付け加えたものなのですが、後半はプレイ動画が公開され非常に見応えがあるものになっております。
また、最後にはウィザードインフィニティスタイルとハイパービーストが追加DLで無料配信されることも発表されました。
大人向けを謳っているだけに、バクなどが仮に在った場合でもパッチ対応してくれそうです。

また本日はバトライド・ウォー開発スタッフブログが更新され須賀貴匡さんが紹介されています。写真がクラヒのリュウガ紹介時と全く同じなので、同時取りは明白ですが参加が確定し一安心といったところでしょうか。

また、本日『語ろう!クウガ・アギト・龍騎 【永遠の仮面ライダーシリーズVol.1】』という本が発売されることが発表されました。
本の語り手には仮面ライダークウガのプロデューサーを務めている「高寺重徳」さんがおられることが注目でしょうか?
なお、内容は以下のようになります。(Amazon商品情報から引用)

「平成仮面ライダー」初期3作品を豪華スタッフ、キャスト、ファンが語り尽くす!!

「平成仮面ライダー」シリーズの礎を築いた初期3作品『クウガ』『アギト』『龍騎』。
従来のヒーロー像や仮面ライダーの固定概念にとらわれない「挑戦」と「開拓」の精神が詰まった作品であり、
現在に繋がる成功と繁栄に導いた大きな要因とされている。
これらの平成ライダーの基盤となった作品を「作り手」「キャスト」「ライダーファン」が語り尽くす!

また、過去を振り返るだけではなく、初期3作品に受けた感動や興奮、挑戦スピリッツを改めて確認することによって、今後の平成仮面ライダーシリーズへの期待や注目をさらに高めていく内容も掲載!!

<語り手メンバー紹介>

・ライムスター宇多丸(ラッパー/映画評論家/ラジオDJ)
09年にギャラクシー賞を授賞したラジオ番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』の映画評論コーナー「ザ・シネマハスラー」が
高い支持を集め、ライダー映画も常に愛を持って鋭く評価し語る。

・虚淵玄(シナリオライター)
『魔法少女まどかマギカ』の脚本家。『クウガ』『アギト』、そして『龍騎』の優れた点とは?
いま最も注目を集める脚本家が平成仮面ライダー論について語る。

・切通理作(『怪獣使いと少年』『特撮黙示録』著者)
平成仮面ライダーシリーズの礎を築いたのは3作は、どんな点がエポックメイキングであり挑戦的だったのか。
平成ガメラやウルトラマンティガ、井上氏脚本のシャンゼリオン、小林氏脚本のタイムレンジャーなど特撮史の系譜を踏まえて改めて語る。

・高寺重徳(ドラマプロデューサー)
代表作に『激走戦隊カーレンジャー』『仮面ライダークウガ』『仮面ライダー響鬼』『大魔神カノン』などがある。
平成仮面ライダーシリーズへの想いやヒーロー観・正義と悪についてなどを語る。

など、豪華執筆陣が大いに語る。

○目次
第1章:シネマハスラーが見た、クウガ・アギト・龍騎の衝撃
第2章:魔法少女まどかマギカvs平成仮面ライダーシリーズ!?
第3章:女性ファンから観た平成ライダーの魅力
第4章:昭和ライダーファンにとっての平成ライダーとは?
第5章:平成ライダー再入門~特撮史におけるクウガ・アギト・龍騎~
など

それではみなさんまた後日お会いしましょう。

新PVの公開とNEW電王

昨日は光熱を出してしまい、救急車で搬送されるという自体になってしまい更新できませんでした。申し訳ありません。そんなこんなで本日は二日分のニュースをお届けしたいと思います

まずタイトルにもありますPVですが、仮面ライダーGIRLSが歌う『Go get’em』がYoutubeにてavexから16日に公開されました。(リンク)この曲はバトライド・ウォーのテーマソングとなっておりPVを見られた方には馴染みのある音楽だと思います。販促用のため1番だけとなっていますが終盤のサビはかなり盛り上がってよいできとなっています。また内容ですがウィザードショッカー戦闘員を倒していくというもので、途中で終わってしまいますが黒幕が誰なのか気になります。

また、本日はバトライド・ウォー開発スタッフブログにてNEW電王役の桜田さんのアフレコが公開されました。(リンク)今回がキバ勢の更新でなかったため、キバイクサは本人の可能性が大分減りましたがNEW電王の登場は驚きでいっぱいです。というのも桜田さんは現在留学中でアフレコは難しいかなと思っていたのもので、留学前になんとかアフレコを済ませていたらしく安心しました。

ということで本日の更新はここまで。また明日ご来場ください~。

バトライドと音楽

本日また新たにバトライド・ウォーのキャストが紹介されました。(リンク)本日のキャストは今までのクラヒライジェネ・ガンバライドでは声あてをされていない方です。なんでもTVシリーズ以来の声あてだそうです。個人の感想ですがめちゃくちゃうれしいです。このキャラは強いというより格好いいキャラですね。クラヒでは聴けなかっただけに早く声を聞いてみたいとおもいます。

また土曜日のことですが、ニコニコ動画仮面ライダー龍騎にて使用されたBGMが新たに投稿されています。投稿されていると言っても違法なものではなく海外の著作権フリー音楽「Videohelper」のもです。ライセンス違反となるためテレ朝及び東映側では販売できないためサントラには未収録となっています。
今回発掘された曲はオーディンがタイムベントで時間を戻されるときのBGMだそうです。気になる方は一聴されたらどうでしょうか?(リンク

2013/4/12のニュース

まず、本日になったと同時に各種ゲームサイトが更新されバトライドの記事がアップされました。(リンク
内容は先日からお伝えの通り、龍騎響鬼キバの内容です。龍騎はライドベンダーの画像が公開され、通常形態ではバイクがなかっただけにこれを持ってきたようです。キバは電撃PSでは公開さいされていなかったガルルバッシャーも公開されついに全フォーム登場かと胸が熱くなります。
その他電撃オンライン限定ですが、クウガのドラゴンライジングドラゴンへの変化前後のSSが公開されており、ノーゲージで変身可能みたいで仕様が気になります。

また、本日はバトライドではもうひとつ、開発スタッフブログが更新されています。(リンク)今回はアンク役の三浦さんの紹介です。(未見の方はネタバレですいません。)これに合わすように上記の記事のSSでアンクが登場しているので気になる方は実際に御覧ください。

そして三つ目、本日は「小説 仮面ライダーディケイド」の発売日です。先日「龍騎」も発売とお知らせしましたが、龍騎は発売延期されたそうです。誤情報をだしてしまい申し訳ありませんでした。
内容のほうですが私も早速読ませてもらいましたが、なかなかおもしろかったです。ディケイドのめぐる世界はオリジナルの世界を設定しているようで各主演ライダーとの絡みが特におもしろかったです。詳しい感想はまた後日公開させて頂きます。また発売日に関してですが、「クウガ」の発売日が決定し全巻の日程が決まりました。日程は以下のようになります。

2013年5月31日(金)発売 『小説 仮面ライダー響鬼
2013年6月28日(金)発売『小説 仮面ライダークウガ』『小説 仮面ライダー龍騎
2013年7月26日(金)発売『小説 仮面ライダー電王

小説 仮面ライダークウガ』に関しては度重なる延期に加え発売日未定になった関係上一部書店・通販サイトでは予約が取り消されているところもあるようです。予約されている方は現状を再確認されたほうがよいかと思います。

各種本情報

本日は昨日お伝えしましたバトライドウォー情報が掲載されている、電撃PSが発売です。昨日もお伝えしましたが、今号では龍騎響鬼キバがメインで紹介されています。その他、メインとなるストーリーやライダーを仲間にしたあとのストーリーについても紹介されています。また、本号からバトライドはSSにゲーム進行画面が表示されるようになりました。購入を考えている方は一度ご覧になってはいかがでしょうか?

また、明日は「小説 仮面ライダー」の「ディケイド」及び、「龍騎」の発売日です。すでに大手掲示板などではフラゲをされた方があらすじなどを紹介されて盛り上がっています(リンク)。
気になるストーリーですが、ディケイドクライマックスヒーローズ同様、オリジナルの世界を回る設定のようです。ストーリー自体もちゃんと完結しているらしく私も明日が楽しみです。

なお、本シリーズは印刷が少ないのか流通量が少ないらしく、大手の本屋でも数冊しかないことが多いので確実に買えるかわからないかたはご予約したほうがよいかと思われます。

バトライド情報来たる

今日もまたバトライドの開発スタッフブログが更新されました。本日もオーズからであの人が登場です(リンク)最近更新のペースが早くなって来ました。週3更新いけそうですし、まだまだオリキャスはいそうでよい兆候です。

本日はもうひとつバトライドから!電撃のフラゲ情報がきました。今週の情報は「龍騎」「響鬼」「キバ」です。キバはクラヒシリーズ未登場のドッガが決定です。おそらく全フォーム登場しそうです。また、イクサの参戦も決定しました。

仮面ライダーシリーズの流用曲発掘される

ニコニコ動画にて新たに発掘された曲が紹介されています。

今回発掘された曲は仮面ライダー響鬼にて「裁鬼敗北時BGM」と仮面ライダー電王より「オーナー登場時BGM」の2曲です。
個人的にBGMにうといものでポカ~ンっとするのですが、こういう流用BGMが発掘されるのはいいことだと思います。

発掘場所はnashということでどちらも「nash music library」と英語が入ります。曲自体はnashで購入することが可能です。が単価が3000円ほどと異様に高いです。気になる方は視聴だけでもいかがでしょうか?

スタッフブログ更新&小説版ディケイドあらすじ判明

ライダーゲーム開発スタッフブログが更新されて新たなキャストが更新されています。(リンク)今回は今までクラヒとライジェネシリーズでは声あてがなく、PVでも判明していなかった人です。おそらくでてくれるだろうとは予想されていましたが、それが実現しました。

また、本日は小説版仮面ライダーのディケイドのあらすじが判明しました。(リンク)以下は紹介の引用になります。
9つの異世界を旅して、仮面ライダーとともに世界を救おうとする門矢士(かどやつかさ)
彼は“通りすがりの仮面ライダー”ディケイドとなって、電王、クウガ、カブトと出会い、ともに力を合わせて大きな敵に立ち向かっていこうとする……。

ディケイドはどうやら後日談ではなくパラレルワールドみたいです。ディケイド自他はまだ明かされていない設定もたくさんあると思うので少しでもここで初回されるといいですね

春映画タイトル候補

昨日きた噂程度の情報ですが、お知らせてしておきます。

タイトルは
仮面ライダーウィザード 爆炎の魔法使いと賢者の石
獣電戦隊キョウリュウジャー地上最大のブレイブ
だそうです。

昨日の時点ではまだ信頼が置けませんでしたが、本日の放送で賢者の石というワードが出てきたので、事実の可能性が高そうです。

S.H.Figuarts アポロガイスト 発売決定

プレミアムバンダイの魂ウェブにてS.H.Figuarts アポロガイストが発売されるそうです。アポロガイストといえば仮面ライダーXの敵キャラで幹部とは違ったライバルポジションのキャラです。真紅のカラーリングに太陽をモチーフにした完成されたデザインで仮面ライダーディケイドでもほぼそのままのデザインででたので若いファンの方にも馴染みがあると思います。以下はその説明写真になります。
アポロガイスト

やはりデザインがかっこいですね。再生アポロガイストの方も是非発売してほしいですね。

プレミアム バンダイ(魂WEB)

なお余談ですが、現在仮面ライダーXが東映チャンネルにて放送中です。HDはリマスター版なので画質はDVDのものよりよくなっています